TOP

一般社団法人日本人材育成協会

JAPAN PERSONNEL DEVELOPMENT ASSOCIATION

ホーム ≫ 労務管理TOPICS

Personnel Management Topics

10月の完全失業率、3.1% 20年ぶりの低水準、求人倍率横ばい!(平成27年11月27日.朝日新聞)
総務省が平成27年11月27日発表しました10月の完全失業率は3.1%で、前月より0.3ポイント改善しました。改善は3カ月ぶりで、1995年7月以来20年3カ月ぶりの低い水準となりました。完全失業者は前月から22万人減りました。総務省は「人手不足感の高まりを背景に、求人が雇用に結びついた」とみています。

●厚生労働省が同日発表した10月の有効求人倍率は1.24倍で、前月から横ばいでした。医療.福祉や卸売.小売業、宿泊.飲食業などで求人が伸び、約23年ぶりの高水準が続いています。都道府県別では、東京の1.82倍が最高で、最低は鹿児島の0.87倍。正社員の有効求人倍率も前月と同じ0.77倍でした。ただ、先行指標とされる新規求人倍率(同、当月の新規求職者数に対する新規求人数の割合)は前月を0.03ポイント下回る1.83倍で、8カ月ぶりの下落に転じました。

►ポイント
10月完全失業率------3.1%
10月有効求人倍率----1.24倍
 

コメント