TOP

一般社団法人日本人材育成協会

JAPAN PERSONNEL DEVELOPMENT ASSOCIATION

ホーム ≫ 労務管理TOPICS

Personnel Management Topics

マタハラ相手、2割が女性上司 「産むなら仕事を辞めてほしい」!(平成27年4月9日・産経新聞)
妊娠や出産を理由に職場で不利益な取り扱いを受けるマタニティーハラスメント(マタハラ)の被害者のうち、相手が「男性上司」だった人が約半数に及ぶ一方、「女性上司」も22%に上ったとする調査結果を、被害者の支援団体「マタハラNet」が発表しています。
●女性上司から「子供は1人でいい」と言われた例のほか、「産むなら仕事を辞めてほしい。中絶するのは簡単だ」と通告されたケースもありました。調査は今年1月、インターネットで実施し、被害を受けた20代~70代の女性186人が回答しました。マタハラを受けた当時の年齢は30代が68%を占めました。

●被害を受けた相手では、直属の男性上司が53%と最多。人事担当者と男性経営層が24%で並び、直属の女性上司も22%でした。女性の同僚は18%で、男性の同僚の9%を上回りました。同僚や上司、人事担当者に相談した人に、その後の経過を複数回答で尋ねると、「解決」は14%にとどまっています。「対応せずそのままにされた」が56%と最も多く、「余計に傷つく言葉を言われた」も15%あったといいます。
 

コメント