TOP

一般社団法人日本人材育成協会

JAPAN PERSONNEL DEVELOPMENT ASSOCIATION

ホーム ≫ 労務管理TOPICS

Personnel Management Topics

FACEBOOK用画像透過
三菱自400人なお休業か,、水島製作所で軽の生産再開け!(平成28年7月5日.朝日新聞)
三菱自動車が平成28年7月4日、燃費偽装問題で止めていた軽自動車の生産を岡山県の工場で再開しました。地元からは歓迎の声が上がるものの、雇用への影響は続いています。ただし三菱自の従業員約400人は8月末までは休業する見通しです。取引先への部品の新規発注は7月末からで、休業を余儀なくされる下請け企業の従業員も少なくない状況です。

●三菱自は9月から生産台数を本格的に増やす計画ですが、軽自動車がどの程度売れるか分からず、雇用への影響が長引く恐れがあるといいます。岡山県倉敷市の水島製作所では、燃費偽装があった「eKワゴン」など軽4車種をつくっていましたが、4月下旬からストップしています。一部の乗用車などを生産していました。再開初日となった4日は、長さ約930メートルの組み立てラインを試験的に動かし、設備などに問題がないか調べました。この日は点検が中心で、完成したのは5台でした。

●三菱自で休業していた従業員1300人のうち戻ったのは900人。生産停止前は1日昼夜2交代の勤務態勢でしたが、しばらくは昼勤務だけにするといいます。勤務と休みを1週間で交代させ、400人は今後も休業が続く見込みです。
 

コメント