TOP

一般社団法人日本人材育成協会

JAPAN PERSONNEL DEVELOPMENT ASSOCIATION

ホーム ≫ 労務管理TOPICS

Personnel Management Topics

シャープ:3000人規模の希望退職募集!(平成27年3月19日・毎日新聞)
経営再建中のシャープは平成27年3月19日、来年度中に3000人規模の希望退職を募集する方針を固めました。国内従業員約2万4000人の8人に1人に当たる。主力の液晶事業やテレビ事業の不調で2015年3月期に最終赤字に転落することを受け、人員削減を含めリストラを徹底し、経営再建を急ぐ。希望退職は経営危機に陥った2012年末以来、約3年ぶりで、ほぼ同規模になります。海外従業員も1割弱に当たる2000人超の削減を検討しており、国内外で、従業員の約1割に当たる5000人を減らすことになります。

●退職金の積み増しなどで約300億円かかるとみられ、2016年3月期に計上します。一方、希望退職により、賃金を2016年3月期に約300億円減らす方向です。社員の賃金カットにも踏み切り、固定費を計年約500億円減らす方針です。
●シャープは最終赤字転落を受け、北米でのテレビ事業からの撤退などの構造改革を進める方針です。しかし、主力の液晶事業は市場価格の変動など外部の影響を受けやすく、経営の立て直し、社員削減によるコスト削減が必要と判断しました。海外の人員削減はアメリカやメキシコが中心となる見通しです。シャープは主力取引銀行のみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行に金融支援を要請。支援額を、当初の1500億円から2000億円規模に上積みしてもらう代わりに、銀行側から経営の立て直しに向け、より抜本的なリストラ策を求められていました。5月に策定する新中期経営計画では、最終年の18年3月期に1000億円超の連結営業黒字を確保する目標を盛り込む方針です。
 

コメント