TOP

一般社団法人日本人材育成協会

JAPAN PERSONNEL DEVELOPMENT ASSOCIATION

ホーム ≫ 労務管理TOPICS

Personnel Management Topics

春闘:トヨタ ベア4000円決着 一時金は満額回答!(平成27年3月16日・毎日新聞)
トヨタ自動車の2015年春闘は平成27年3月15日、賃金水準全体を底上げするベースアップ(ベア)に当たる賃金改善分を月額4000円とすることで事実上決着しました。現行の要求方式となった2002年以降で最高となります。ボーナスは要求通りの月給6.8カ月分(約246万円)と5年連続で満額回答となります。工場で働く非正規の期間従業員も日給を300円引き上げる方向です。経営側が平成27年3月18日に正式回答します。

●ベアは2年連続。組合が要求した月額6000円には届きませんが、2014年の回答(月額2700円)を1300円上回ります。定期昇給に当たる賃金制度維持分7300円と合わせると、賃上げは月額1万1300円。トヨタは本業のもうけを示す営業利益が2015年3月期連結決算で過去最高の2兆7000億円になる見通しです。経営側は国際的なコスト競争力維持や取引先との賃金格差を考慮してベアの満額回答は見送りますが、2014年を上回るベアで従業員への還元を進め、消費の活性化を通じて日本経済の好循環につなげたい考えです。終盤で3700〜4000円を巡る攻防となりましたが、成長の源泉となる人材への投資を積み増すこととし、4000円台に乗せる決断をしました。

►ポイント
今春闘は、日産自動車など他の自動車大手もベアについて前年実績を上回る水準で交渉しているほか、日立製作所など電機大手6社も前年実績を1000円上回るベア3000円で事実上決着しています。春闘相場の形成に大きな影響力を持つ自動車、電機大手が大幅なベアに踏み切ることで、他産業や中小企業にも賃上げが広がるかが焦点となります。
 

コメント