TOP

一般社団法人日本人材育成協会

JAPAN PERSONNEL DEVELOPMENT ASSOCIATION

ホーム ≫ 労務管理TOPICS

Personnel Management Topics

FACEBOOK用画像透過
和歌山県警の警視の自殺、公務災害認定 長時間労働でストレス!(平成29年10月13日.共同通信)
和歌山県警警備部に所属し、国体の交通規制などを担当していた男性警視=当時(54)=が平成27年8月に自殺したのは、長時間労働によるストレスが原因だったとして、公務災害に認定されていたことが平成29年10月12日、県警への取材で分かりました。

●県警によりますと、警視は平成27年夏に同県で開かれた全国高校総体や、同年9月からの国体に向けて、交通規制や交通整理の人員配置計画作成に従事していました。自殺前の6月と7月の超過勤務時間がともに200時間を超えていたといいます。

●平成27年8月16日夜に自宅で亡くなっているのを家族が見つけました。その後、公務災害を申請し、昨年11月に認定されました。県警警務課は共同通信の取材に「コメントはない」としています。
 

コメント